収入証明書類を不要とするカードローンの利用条件とは

収入証明書類を不要とするカードローンの利用条件とは

カードローンの必要書類

カードローンを申込む時に必要なのが、本人確認書類です。カードローンは成人していないと申込みできないので、免許証を提示する人が多いです。免許証がない場合には、パスポートや保険証、住基カードなどが必要になります。

 

ただし、保険証や住基カードの場合には、補助書類として、住民票などの住所確認書類も必要になる所もあります。免許証とパスポート以外の書類を提出する場合には、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

本人確認書類については、普段から持ち歩いているケースが多いので、わざわざ用意するような書類ではありません。しかし、カードローン申込み時には、本人確認書類とは別に、収入証明書類を求められることがあります。

 

 

収入証明書類とは

収入証明書類とは、自分の年収などを証明するための書類です。源泉徴収票や確定申告書、所得証明書、給与明細書などがあります。通常いずれか1点用意すれば大丈夫です。源泉徴収票は、サラリーマンなら年末に配られているはずです。また、給与明細書も毎月配られていると思いますが、直近2か月分、賞与があればその明細書も必要となります。

 

これらの書類を持ち歩いている人は少ないですし、中には取っておいていない人もいます。多くの人にとっての収入証明書類は、すでに用意されているものではなく、これから用意しなければならないものとなります。面倒な手続きが嫌だという人にとっては抵抗がありますし、急ぎでお金が必要な場合には困りますね。

 

収入証明書提出の条件

カードローン申込み時に収入証明書の提出が必要かどうかは、申込先と金額によって変わります。銀行の場合は条件がバラバラですが、消費者金融については条件がほぼ統一されています。

 

アコムやプロミスなどでは、50万円を超える金額の申込み時には収入証明書類が必要です。また、他社も含めた借入総額が100万円を超える場合にも必要となります。例えばアコムで60万円借りようと思ったら、給与明細や源泉徴収票を用意しなければなりません。

 

また、アコムでの申込みが40万円だったとしても、すでに他社で70万円借入れ中の場合にも同様です。

 

消費者金融でカードローンを利用するなら、50万円以内に抑えておけば簡単ですが、それを超えると手続きも面倒になると覚えておきましょう。しっかりと覚えて申し込みをするなら、急ぎで借りられるプロミス神戸市の最短即日融資が大変便利なサービスとなります。

 

銀行での収入証明書提出

銀行のカードローンでも、収入証明書を求められるケースがありますが、その条件は銀行によってバラバラです。ただし、一般的には消費者金融よりも条件は緩くなります。

 

そもそも消費者金融の条件については、各社独自に定めたものではなく、総量規制という法律によって決められている条件です。50万円を超える借入れでは収入証明書類が必要だったり、年収の1/3を超える借入れはできなかったり、これらは総量規制によるものです。銀行は総量規制の対象外なので、50万円を超えても収入証明書類の提出が義務とはなりません。

 

銀行のカードローンの申込みで、数十万円程度で収入証明書の提出を求められるケースは稀です。100万円を超える辺りから、必要な銀行が出てきます。中には、300万円まで収入証明書類不要な、銀行のカードローンもあります。収入証明書類の用意が面倒、または間に合わない場合には、銀行のカードローンがねらい目となります。

 

銀行カードローンの注意点

収入証明書類の提出を避けたいならば銀行のカードローンがお勧めですが、審査が厳しいという注意点があります。消費者金融は50万円を超えると必要になりますが、金利の低い吟子の方が、審査が厳しい傾向にあります。

 

そのため、審査が不安であれば、敢えて銀行を避けるという選択肢もあります。わざと消費者金融を選びつつ、借入れ希望額を50万円以内に抑えるというのも、有効な手段といえます。

 

審査に通る見込みがあるなら金利面でも優れる銀行カードローンが良いので、まずは自身の状況を良く考えてみましょう。安定した収入があり、銀行で借りられるだけの信用情報を有していると考えるなら、最短即日回答で早い来店不要手続きに期待が持てるオリックス銀行のネット申し込みでカードローン審査を受けてみると良いです。