保証人や担保無しの理由

保証人や担保無しの理由

お金が必要だけど、保証人や担保は用意できそうにない、そのような時に便利なのがカードローンです。最低限必要なのは免許証、それさえあれば手続きが可能です。

 

お金を貸すのにはリスクが伴います。返済が遅れる場合もあれば、完済前に逃げられてしまう可能性もあります。利息を取るといっても、きちんと回収できなければ損をしてしまいます。だからみんな保証人や担保を用意してもらいます。貸付金を回収できなかった時には担保を差し押さえたり、保証人から取り立てたりと、対策が取れるからです。

 

カードローンもお金を借りるのには変わりがないのに、保証人や担保が不要なのには理由があります。カードローンでは貸付金の回収ができなかったリスクに備え、利息に保証料が含まれています。もしも回収できなかったとしても、保証料から補てんするので、リスクを抑えられます。

 

カードローンで保証人や担保を必要としない、もう1つの理由は場数の多さです。特に消費者金融では、個人相手にたくさんの取引経験があります。その中で培った審査のノウハウで、融資できそうかどうかをより正確に判断できるようになりました。そしてそのノウハウは、銀行でのカードローンにも生かされています。

 

銀行系のカードローンの多くは、保証会社として消費者金融を利用しています。メガバンクでも同様であり、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」では、審査を行う保証会社がアコムとなっています。また、三井住友銀行のカードローンでは保証会社がプロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社となっています。

 

それぞれ審査における基準などに違いはありますが、詳しくは三井住友銀行カードローンの審査基準と内容を参考にしてみると良いでしょう。